その他

【画像で解説】Apple Musicでできること7選

※アフィリエイト広告を利用しています

apple music eye cache

音楽系のサブスク、どれにしようか迷ってるんだよな...

Apple Musicのいいところってなんだろう?

そんなお悩みをこの記事で解決します!Apple Musicには音楽を聴くだけではもったいない、魅力的な機能が備わっています。

普段よく使うものからあまり使わないけどかゆいところに手が届くものまで、普段使いしている目線から一つ一つ解説していきます。

【未加入者向け】Apple Musicってどんなサービス?

Apple MusicはiPhoneやiPad,Macを生み出したAppleが提供している音楽サブスクリプションサービスです。

official page
Apple Music 公式サイト

Apple製品との親和性が高いことで評判が良く、iPhoneで聞いている音楽をそのままApple WatchやMacで聴くことができたり、Appleの音声アシスタントであるSiriから曲を検索→そのまま再生ができたりします。

Apple Musicの特徴はこのように説明されています。

  • 1億曲と30,000プレイリスト以上が広告なしで聴き放題。
  • あなたをサウンドで包み込む空間オーディオ
  • 厳選されたプレイリストも、ライブ配信のラジオも。
  • 好きな曲をどれでもダウンロード。オフラインでも曲を再生。

あなたのすべてのデバイスで

Apple Music 公式サイトより

「あなたのすべてのデバイスで」とあるように、Apple Musicはさまざまなデバイスで聴くことができます。

suitable device
Apple Music対応デバイス(公式サイトより)

このようにApple製品の他にもテレビやゲーム機、スマートスピーカーからも音楽を聴くことができます。Appleのサービスは特にApple製品との互換性が素晴らしいので、その利便性から身の回りの電子機器やサービスをAppleで統一している人(通称:Appleユーザー/信者)がいたりします。

ちなみに私はスマホ、タブレット、イヤホン、PC、腕時計、全てがApple製品のまごうことなきApple信者です。

Apple Music

Apple Music

Apple無料

【未加入者向け】Apple Musicのプラン一覧

Apple Musicには4つのプランがあります。

プラン名料金特徴
Voice月額 480円(税込)Appleデバイスに搭載されているSiriからのみ音楽が聴ける
学生月額 580円(税込)大学、高専、専門学校の学生が最長4年間利用できる(小学生、中学生、高校生は不可)
個人月額 1,080円(税込)通常プラン(年額10,800円の2ヶ月お得なプランもあり)
ファミリー月額 1,680円(税込)家族6人まで無制限にアクセス可能
Apple Musicのプラン一覧

各プランのできること/できないことは、公式ページでまとめられているので、それも載せておきます。

all plan
各プランでできること(公式サイトより)

実はApple OneというAppleのサブスクをお得に使えるサービスにも、Apple Musicは含まれているのでそちらもよろしればご検討ください。

apple one eye cache
Apple Oneはお得?確認すべき3つのポイント

Apple Musicでできること7選

ここからはApple Musicでできることを具体的に解説していきます。

おすすめの音楽を提案してくれる「For You」

Apple Musicには再生履歴を元に好きそうな曲を提案してくれる機能「For You」があります。

iPhoneのApple Musicアプリでは画像左下のアイコン「今すぐ聴く」の「あなたにおすすめ」がFor Youの機能です。

for you
For you

この画像には「New Music Mix」が表示されていますが、その他にも「Favorites Mix」や「Get Up! Mix」「Chill Mix」などのプレイリストがあります。

プレイリストとは楽曲を集めてくくったものです。自分で作ることもできます。

各プレイリストの説明はこんな感じになっています。

プレイリスト名説明
New Music Mix次のお気に入りを見つけよう。あなたにおすすめのニューリリースを届けるプレイリスト。毎週金曜日に更新。
Favorites Mix聴けば聴くほど自分らしく。あなたの好みに合わせて作られたプレイリスト。毎週火曜日に更新。
Get Up! Mix月曜の朝でも金曜の夜でも、このパーソナライズされたアップビートのサウンドミックスで始めよう。
Chill Mixリラックスしたひと時を。あなたを心地良くしてくれるプレイリスト。毎週日曜日に更新。
For Youのプレイリスト(Apple Musicアプリより)

「Get Up! Mix」だけ更新日が記載されてなかったですが、最終更新は月曜になっていたのでおそらく毎週月曜の更新です。それぞれ新しい音楽・好きな音楽・元気になる音楽・リラックスした音楽のようにジャンルごとに曲を提案してくれるのでその日の気分に合わせて使ってみてください。

よく分かってんじゃんってなるので是非

自分の曲の好みを伝える機能「ラブ」

先ほどのFor Youのように曲の提案を受けたい。そして精度を良くしたいという方は、「ラブ」という機能も使いこなすといいでしょう。

option
再生中のオプション画面

このように再生している音楽のオプション画面から「ラブ」または「これと似たおすすめを減らす」を選ぶことで自分の好みを伝えることができます。

loved
ラブ
disliked
これと似たおすすめを減らす

それぞれの情報はApple Musicに伝わり、アプリ左下の「今すぐ聴く」に反映されます。なので流し聴きしているときに好きな曲/好きじゃない曲がかかった時はメモ感覚でぽちぽちしておくと「For You」がますますあなたのご期待に沿えるようになります。

この機能を使わなくてもFor Youはおすすめの曲を探してくれるので、しなくてもいいです

流行りの音楽を聴く「デイリートップ100」

もちろん流行りの音楽を重点的に聴くこともできます。

top 100
流行りの音楽

アプリ左下の「見つける」から「デイリートップ100」を探します。ここでは各国ごとの最も聴かれている曲のランキングトップ100がまとめられています。

例えば日本の現在のランキングはこのようになっています。

ranking apple music
日本のランキング

このプレイリストは毎日更新で今聴かれている曲が選ばれているので、シャッフルで流し聴きしておけば街中で「聴いたことある!」となること間違いなしです。

「何か曲かけてよ」と言われた時はこのプレイリストで間違いなし

また日本だけでなく、世界でトップ100をまとめた「グローバル」やアメリカの「USA」、イタリアの「イタリア」など様々な国のプレイリストが聴けるので私もたまに見ます。都市別トップ25というものもあって、東京、大阪、名古屋の日本都市やニューヨーク、ロンドン、パリ、ソウルなど様々な都市の流行もわかります。

期待された方に悲報です。日本の中だとどの都市も大体同じランキングです

歌詞から曲を検索する「歌詞検索」

1フレーズだけ歌詞わかるけど曲名を忘れちゃった...

そんな時には歌詞検索機能を使いましょう。アプリ右下の「検索」から曲を検索することができます。この検索は曲名はもちろん、アーティスト名や歌詞からも検索できる優れもの。ゲレンデでよくかかるあの名曲の曲名がわからない、でも「せいかく〜よけ〜ればいい」の歌詞だけわかる。そんな時は検索してみましょう。

歌詞検索
歌詞検索

あっ、ロマンスの神様か〜となります。この機能はカラオケとかで使えるかもしれませんね。正直普段は使いませんがあると便利な機能です。

歌詞が登録されていない楽曲はヒットしません。ご注意ください。

好きなところから再生できる「好きなところ再生」

好きなところ再生は公式用語ではありません。便宜上つけただけです。

Apple Musicでは歌詞が登録されている曲は、歌詞をタップするとそこから再生してくれます。

歌詞

この機能は結構便利で、「少し聴き逃したから戻ろう」や「サビから聴きたいな」と思った時にすぐ戻ることができます。1番良く使う機能かもしれません。

歌詞の表示は再生画面から左下のコメントみたいなマークを押すことで移動することができます。

再生画面
再生画面

右下のリストボタンからはシャッフル再生や次にかかる曲、連続再生などを設定できます

次に再生

ボーカルの音量を抑えてカラオケ「Apple Music Sing」

2022/12/6に発表された比較的新しい機能、Apple Music Singは対応する楽曲のボーカルの音量を調節する機能です。

歌詞
歌詞画面

対応する楽曲では歌詞の右下にマイクのアイコンが表示されます。このアイコンをタップすることでボーカルの音量を調節することができます。

カラオケ
Apple Music Sing

完璧にボーカルが消えるわけではないですが、instrumental(楽器のみ)の曲としてカラオケに使えるくらいには補正されます。なんならリードとして聞こえる分普通のカラオケより歌いやすいかもしれません。現時点ではiPhone11以降、iPad Air4以降、Apple TV 4Kなどの限られたデバイスでのみ使えますが、数千万曲に対応しています。

今後の拡張に期待ですね

過去に聴いていた曲の振り返り「リプレイ:年別トップソング」

この機能はある程度Apple Musicを使わないと良さがわかりにくいのですが、タイトルの通りです。

その年に聞いていた曲を整理してプレイリストにしてくれます。同じ曲を次のハマる曲が見つかるまでずっと聴くタイプの人だととても刺さります。

replay 2023

確認するにはアプリ左下の「今すぐ聴く」から「リプレイ:年別トップソング」を探します。そこにはReplay'23 Your year so far. つまり「2023年のこれまでのあなたがよく聴いている曲をまとめました」ということです。右にスワイプすると過去の年のものを見ることもできます。

私はApple Musicを昔から使っていたので、2018年のプレイリストがあって懐かしかったです

その他にできること

Apple Musicではご紹介した機能以外にも

  • 楽曲をダウンロードしてオフライン再生
  • ラジオを再生
  • 楽曲やプレイリストをAirPlayで簡単に共有

など音楽サブスクとして必要な機能が取り揃っています。

Apple Musicの魅力が少しでも伝わっていれば嬉しいです。お読みいただきありがとうございました。

他のサブスクをチェックする

-その他
-, ,